top of page

これからフィルムカメラを始める方へ

こんにちは。


イナダです。


新年も一段落いたしましたが、年末年始はたくさん写真撮れましたでしょうか。


まだ興味はあるけれどフィルムカメラをやっていない、という方は


ぜひ今年はフィルムカメラを初めてみませんか?




そんなわけで年始最初のブログでは最初の1台にオススメの一眼レフのお話です。


当店では修理が出来る機種を重視しており、


一眼レフではNikonとPENTAX機を中心にご案内しています。


今回はPENTAX機の一部をご紹介します。


(Nikon FM2等はこちらでご紹介しています



■PENTAX KX


M42マウントからKマウントに変わった最初のシリーズ。


K2、KX、KMの三種類のミドルクラスがKX。




KXは機械式シャッターで露出計が内蔵、シャッター最高速1/1000秒。


M42時代のPENTAX SPと基本スペックは変わりませんが、


露出計が見やすくなっていたり、ミラーアップがついたりと使いやすくなっています。


最近は小型なカメラがトレンドですが、小さすぎないサイズの方がしっかり握れるので、


手の大きい方や持ちごたえの欲しい方にオススメなカメラです。



■PENTAX MX


そして小型・軽量な一眼レフといえばこちら、PENTAX MX。



PENTAX 「MX」「ME」などのMシリーズは小型軽量になったモデルです。


PENTAX KXと比べるとこんな感じ。




こうして見るとやはり一回り小さくなっていますよね。


スペックは機械式で露出計が内蔵されており、シャッター最高速1/1000秒。


スタンダードでありながら、このサイズにまとまっているので


かさばらないカメラをお探しの方にはオススメのカメラです。



■PENTAX LX


1980年発売のPENTAX機フラッグシップモデル・PENTAX LX。



当時のPENTAXである旭光学工業合資会社の創立60周年を記念して、


ローマ数字で「60」を意味する「LX」と名付けられました。


シャッター機構は高速側が機械式、低速が電子式のハイブリッドシャッター搭載。


絞り優先AE&高速1/2000秒シャッターでサクサク撮れますね!



フラッグシップらしく、プリズム部分を交換して


ウエストレベルや高倍率ファインダーにすることができます。



LXだけはストラップ金具が専用金具で、他にはないグリップが選べます。


更にはプロユースにも耐えられる防塵防滴仕様とこだわりを感じますね。



カメラは多種多様で最初はどれを買えばいいのかわからない!と悩むと思います。


店頭では実際にカメラを触っていただきながらお話を伺って


お客様に合ったカメラを一緒にお探しいたしますので、


ぜひ一度お店に遊びに来てください。



それでは。




閲覧数:512回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page