All Rights Reserved.

検索
  • mitsubado

ハッセルブラッドのレンズ


どうも、やまもとです。

先日、当店でも久々となるハッセルブラッドのCFレンズセットが入荷したの、気付いてくれましたか??

普段はCレンズと呼ばれるこちらのタイプがよく入荷してます。

どちらも、カールツァイス製のプラナー80mmレンズではあるんですが 結構違いがあるんです。

見た目とか、そういう話ではなくてですね。

世代でいうと、シルバーのレンズ鏡胴のタイプが初代になりますが 先程のCレンズセットが第2世代として登場し、ハッセルブラッドのシリーズとしては 初めてカールツァイスが誇るT*コーティングが施されて、格段に解像力も高くなりました。

だが、しかし。 第3世代にあたるCFレンズは、より解像力が上がり、色艶も更に鮮やかで

コントラストも格段に上がってるんです。

「そんなに違うの?」

と、思うでしょう?

『百聞は一見にしかず』ということで、撮り比べてみたからちょっと見てみてくださいよ。

【Cレンズ作例】

【CFレンズ撮影】

【Cレンズ撮影】

【CFレンズ撮影】

【Cレンズ撮影】

【CFレンズ撮影】

ピント面だったり、髪の毛1本1本や洋服の生地の素材感に解像力の違いが出てるの、分かります?

同じT*コーティングでも、製造された時代が違うだけで、描写に違いが出てくるんですね。

Cレンズは、ほどよく柔らかく、だけどしっかり解像されていると言った印象なのに対して、 CFレンズはコントラストもパキッとしっかり線も強く出ていて、隅々まで高い解像力で描写されるので、 ポジフィルムで撮った時なんかは驚くほど綺麗だから、一度はチャレンジしてもらいたいもんです。

ぼく個人的には、Cレンズの程よく鮮やかな色乗りが好きでプライベートでも愛用してますが、 中判カメラの醍醐味でもある、とにかく高い描写力を味わいたい方には

CFレンズセットのハッセルブラッドは特にオススメです。

ハッセルデビューを迷われている方は、お店でぜひ僕らとハッセルトークをしましょう。 お待ちしてますー!

それでは。


621回の閲覧